イベント案内

Home > イベント案内

連絡先

〒060-0810
札幌市北区北10条西7丁目
北海道大学大学院文学研究院
応用倫理・応用哲学研究教育センター

Tel: 011-706-4088

E-mail: caep[@]let.hokudai.ac.jp

※@マークの[ ]を消したものがアドレスになります。

キャンパスマップ

これからのイベント

公開シンポジウム 女性参政権運動史をふり返る

  • 日時:2020年10月31日(日)
    13:30-17:00(開場13:00)
  • 場所:北海道大学
    学術交流会館 小講堂
  • 参加費:無料(事前申込制・定員80名)
  • 講演:
    • 佐藤 繭香(麗澤大学外国語学部准教授)
    • 「明るく、自由で、楽しげ」に
      ――イギリス女性参政権運動のプロパガンダ
    • 栗原 涼子(早稲田大学ほか非常勤講師・元東海大学教授)
    • アメリカの女性参政権運動とフェミニズム
      ――ジェンダー、人種、帝国をめぐる論争から
    • 井上 直子(帝京大学ほか非常勤講師)
    • 婦選獲得同盟にみる日本の女性参政権運動の運動戦略
      ――運動の拡大と連帯のために
  • コメンテーター:
    広瀬 玲子(北海道情報大学情報メディア学部教授)

    ※ポスターをクリックすると講演要旨が見れます

  • 趣旨:19世紀から20世紀にかけて、世界各地で女性参政権運動が展開されました。女性参政権運動は、政治的権利を持たない女性が、政治の場に自らの声を反映させねばならない点で、大きなジレンマを伴う運動です。このジレンマを前にして、各国の女性たちは、ロビー活動、啓蒙活動、プロパガンダなど、様々な手段・戦略に訴えました。また、女性参政権への同意・支持を得る上で、効果的な論理・理念を打ち出そうとしました。本シンポジウムでは、英米日の比較史の観点から、女性参政権を実現するための様々な試みについて考察します。今日においても、女性が自らの声を社会や政治の場に反映させることは容易ではありません。こうした今日の状況もふまえながら、女性参政権運動史をふり返ってみましょう。
  • 司会:
    水溜 真由美
    (北海道大学大学院文学研究院教授、同応用倫理・応用哲学研究教育センター運営委員)
  • 注意事項
    • シンポジウムの参加には申し込みが必要です。参加申し込みは下記のアドレスからお願い致します。なお、定員に達し次第、締め切らせていただきます。
      https://forms.gle/iZRaQe5BDV2CKseH6
    • 新型コロナウイルスの感染状況により、シンポジウムを無観客あるいはオンラインでの実施に変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。
    • 通常開催の場合、主催者側では、感染症対策として、アルコール消毒液による座席の消毒や、会場内の換気を徹底いたします。
    • 会場駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお願いいたします。
  • 主催:北海道大学大学院文学研究院 応用倫理・応用哲学研究教育センター
  • お問い合わせ:Email: caep[@]let.hokudai.ac.jp Tel: 011-706-4088

これまでのイベント

北海道哲学会シンポジウム「AIの倫理学─その問題圏の検討」

  • 日時:2021年7月25日(日)13:20-16:00 (開場13:00-)
  • 開催形式:ZOOM (オンライン開催)
  • 参加費:無料(事前申込制、定員300名)

  • オーガナイザー・提題者:
    • 金光 秀和(金沢工業大学)会員
    • 「AIの倫理学という問題圏」 
  • 提題者:
    • 鈴木 俊洋(崇城大学)非会員
    • 「ポスト現象学とAIの倫理学」
    • 久木田 水生(名古屋大学)非会員
    • 「フランケンシュタイン・コンプレックスとAIをめぐる言説」
    • 増渕 隆史(金沢工業大学)会員
    • 「AI技術者が説明について社会科学から学ぶこと」
  • コメンテーター:
    直江 清隆(東北大学)非会員

  • 注意事項
    • シンポジウムの参加には申し込みが必要です。参加申し込みは下記のURLからお願い致します。なお、定員に達し次第、締め切らせていただきます。
  • 主催:北海道哲学会
  • 共催:
    科学研究費助成事業(基盤C 課題番号19K00047)
    身体の変容をめぐる技術哲学的考察(代表 金光秀和)
    科学研究費助成事業(基盤B 課題番号20H01175)
    「人生の意味」と死の形而上学:分析実存主義の可能性とその批判的検討 (代表 藏田伸雄)
  • 後援:北海道大学大学院文学研究院 応用倫理・応用哲学研究教育センター
  • 申込みに関するお問い合わせ:Email: hps.sympo[@]gmail.com 

これまでのイベント(カテゴリー別)

これまでのイベント(年度別)