過去のイベント2010年度

Home > イベント案内 > 過去のイベント2010年度

連絡先

〒060-0810
札幌市北区北10条西7丁目
北海道大学大学院文学研究科応用倫理・応用哲学研究教育センター

Tel: 011-706-4088

E-mail: caep[@]let.hokudai.ac.jp

※@マークの[ ]を消したものがアドレスになります。

キャンパスマップ

過去のイベント2010年度

過去のイベントはこちら

第10回 応用倫理研究会

  • 日時:2月16日(木)午後4時30分より
  • 場所:人文社会科学総合教育研究棟(W棟)W517室
  • 発表者: 田坂 さつき 氏(立正大学文学部哲学科 准教授)
  • 発表題目:「よき生と技術をめぐる対話―異領域協働の福祉ものづくりを通して」

第8回 応用倫理研究会

  • 日時:2月25日(金)午後3時30分より
  • 場所:エンレイソウ 第1会議室(地図
  • タイトル:座談会「応用倫理学に未来はあるか?」
  • パネリスト:
  • 河野哲也(立教大学文学部教育学科 教授)
  • 伊勢田哲治(京都大学文学研究科 准教授)
  • 奥田太郎(南山大学人文学部人類文化学科 准教授)
  • 司会:新田孝彦・眞嶋俊造(応用倫理研究教育センター)

ワークショップ
「発達障害者支援における専門職の役割と倫理(2)」

  • 日時:2月9日(水)午後1時より
  • 場所:学術交流会館 第1会議室(地図
  • ポスター
  • 【当日の予定】
  • 講演(問題提起):13:00?16:40
  • 加藤潔 (札幌市自閉症・発達障がい支援センター「おがる」副所長)
  • 「地域でのくらしを支えるために?ゆいとおがるの取り組みから?」
  • 平田眞弓(NPO 法人「楽しいモグラクラブ」理事長)
  • 「中間労働研究所の理念について」
  • 菊地啓子(アスペルガー症候群・高機能自閉症の女性の会
    「カモミール」代表)
  • 「発達障害者のコミュニティの意義について」
  • 田中康雄(北海道大学 大学院教育学研究院附属
    子ども発達臨床研究センター教授)
  • 「発達障害支援における専門職のゆらぎと戸惑い」
  • 石原孝二(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
  • 「当事者の視点と専門家の視点」
  • 総合討議:16:50?17:50
  • 【参加方法】
  • 参加費は無料です。
  • 空席があれば当日会場でも参加申し込みを受け付けます。
  • お問い合わせ先:石原孝二 [E-mail]
  • 【ワークショップ趣旨】
    昨年2月に開始した「ワークショップ発達障害者支援における専門職の役割 と倫理」では、発達障害支援にかかわる様々な専門職に従事する方をお招きして、発達障害支援における専門職の役割と問題点について意見交換を行いました。今回のワークショップでは、昨年に引き続き、発達障害者支援における専門職の 役割と問題点について話し合うとともに、当事者の見方と支援する側の見方の違い や当事者が果たす役割についても議論していきます。
  • 主催
  • 北海道大学大学院文学研究科・応用倫理研究教育センター
  • 科学研究費補助金基盤研究(B)H21?24
  • 「専門職倫理の統合的把握と再構築」(代表:新田孝彦)

第7回 応用倫理研究会

  • 日時:1月27日(木)午後4時30分より
  • 場所:W309室
  • 発表者: 栗山雅俊 氏
    (文学研究科応用倫理研究教育センター 共同研究員)
  • 発表題目:「プラグマティックな客観性と客観報道」

公開シンポジウム「性差研究の作る道:老いとテクノロジー」

  • 日時:1月26日(水)午後1時より
  • 場所:クラーク会館 講堂
  • ポスター
  • 講演者:
  • 「介護における個と協働社会」
    阿達まさ子(北海道の高齢社会をよくする女性の会会長)
  • 「自立を可能とする社会構造づくり」
    金子 勇(北海道大学文学研究科教授)
  • 「福祉機器のユニバーサルデザイン」
    但野 茂(北海道大学工学研究院教授)
  • 連絡先:
  • 瀬名波栄潤(011-706-4085)
  • 中地 美枝(011-706-2865)

第6回 応用倫理研究会

  • 日時:11月8日(月)午後4時30分より
  • 場所:W202室
  • 発表者:ノーマン・ダニエルズ 氏(ハーヴァード大学 教授)
  • 発表題目:"Priority Setting and The Identified vs Statistical Victim Problem"

第5回 応用倫理国際会議の開催 (Nov 5-7, 2010)

  • We are delighted to announce the Fifth International Conference on Applied Ethics on 5-7 November 2010 at Hokkaido University, Sapporo, Japan.
  • We invite the submission of papers on the following topics (not exclusive):
    Meta-Normative Ethics, Bio/Medical Ethics, Engineering Ethics, Ethics of Science and Technology, Information Ethics, Environmental Ethics, Business Ethics, and International/Global Ethics, Gender and Sexuality Studies
  • Confirmed speakers include:
  • Virginia Held (CUNY)
  • Norman Daniels (Harvard)
  • Larry May
    (Washington University in St.Louis)
  • Soren Holm (Manchester)
  • Bernard Baertschi (Geneva)
  • Miho Ogino (Doshisha)
  • Rickie Solinger

Provisional programme will be available shortly.

  • Conference Chair:
    Takahiko Nitta (Director, CAEP)
  • Program Chair:
    Shunzo Majima (Deputy Director, CAEP)
  • 詳細はセンター(caep*let.hokudai.ac.jp)までお問い合わせください(*は半角@へ置き換えてください)。

第5回 応用倫理研究会

  • 日時:8月24日(火)午後4時30分より
  • 場所:W517室
  • 発表者:Po-Keung IP 氏
    (國立中央大學哲學研究所 教授)
  • 発表題目:The Challenges of Confucian Ethical Leadership in Modern Chinese firm

第4回 応用倫理研究会

  • 日時:8月6日(金)午後4時30分より
  • 場所:W308室
  • 発表者: 粟屋 剛 氏
    (岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 生命倫理学分野 教授)
  • 発表題目:「テクノエンハンスメントと人間改造」

第3回 応用倫理研究会

  • 日時:7月15日(木)午後4時30分より
  • 場所:W517室
  • 発表者: 寺沢 浩一 氏
    (医学研究科 社会医療管理学講座 教授)
  • 発表題目:「北海道大学医学研究科・学部・病院での医療倫理教育の取り組みの概略」

第2回 応用倫理研究会

  • 日時:6月24日(木)午後4時30分より
  • 場所:W517室
  • 発表者: 眞嶋 俊造 氏
    (文学研究科 応用倫理研究教育センター准教授)
  • 発表題目:「民間人保護の倫理」

第1回 応用倫理研究会

  • 日時:5月27日(木)午後4時30分より
  • 場所:W517室
  • 発表者: 増渕 隆史 氏
    (文学研究科 倫理学講座 助教)
  • 発表題目:「功利主義はビジネス倫理の原理となりうるか」

応用哲学会第二回年次研究大会(共催)

  • 日時:2010年4月24日(土)- 25日(日)
  • 場所:北海道大学
  • 第二回年次研究大会はおかげさまで滞りなく終了しました。
    ご参加,ご協力いただきました皆様,ありがとうございます。
    ※ 詳細は 応用哲学会ホームページ をご覧下さい。